離婚問題「産後クライシス」

様は産後クライシスという言葉を聞かれたことがありますか?
昨年(2011年)の調査結果で「出産直後から妻の夫への愛情が急速に下がる」というものです。
別の研究ではこの期間に生じた不仲はその後の夫婦関係に長く影響するなんてデータも出ています。
探偵である、私の個人的な考えですが「立会い出産」を行い、出産に協力的だった夫婦程、クライシスの確率は高くなるデータがあります。
男性は女性の偉大さを出産にて実感し、妻を女としてでは無く、母として見る。そして、子供に対して強い愛情を持つ事になり、妻への気配りが薄らいでしまう。
女性は今まで100%の愛が注がれていたものが、一気に子供への愛情が強くなった夫に嫉妬の心が芽生え、夫からの愛情が薄くなったように感じてしまうのです。中には、長期間の大恋愛。そして、熱々の新婚生活を長年行った夫婦が、出産後わずか1年で離婚に至ってしまった夫婦もいました。
実は、産後とは夫婦仲に大きな危機が訪れるタイミングなのです。こうした問題はこれまで『育児ノイローゼ』『産後ブルー』といった言葉で主に母親たちの問題であるように語られてきました。
しかし、これを夫婦や社会の問題であると捉え、「産後クライシス」と名付けられました。以下は民間の調査結果では、妊娠期、0歳児期、1歳児期、2歳児期に『夫(妻)を心から愛していると実感する』という夫婦の割合を追跡調査したものです。

<夫(妻)への愛情を実感する>
・妊娠期
男性・・・74.3パーセント
女性・・・74.3パーセント

・0歳児期
男性・・・63.9パーセント
女性・・・45.5パーセント

・1歳児期
男性・・・54.2パーセント
女性・・・36.8パーセント

・2歳児期
男性・・・51.7パーセント
女性・・・34.0パーセント

なぜこうした結果が起こるのか。また、なぜ女性の方が著しい減少をみせるのか。
○ 『夫からのねぎらい』
○ 『夫の家事や育児への参加度』
が強く関係しているといいます。妊娠時と子どもが1才の時期に、共に『愛情が変わらない』と答えていた妻たちは『夫はよくわたしの家事や子育てをねぎらってくれる』と答えた妻の47.1パーセントが 『家事・育児を助け合っている』『夫と一緒にいると本当に愛していると感じる』と答えた一方で、ねぎらいが少ない場合はわずか10.2パーセント、育児家事参加が低い場合は20.5パーセントにとどまったのです。
これは夫にねぎらいの気持ちがあると育児参加につながったり、また逆に育児参加すると妻の大変さを実感してねぎらいの言葉が妻にかけられるようになったりして、妻の側も夫への愛情を感じる良いサイクルがあることを示しています。これに対して男性側が「家事や育児は女性がするのが当然」と思っている場合はねぎらいが低く、育児参加も低いため妻の愛情が下がるという悪循環に陥ってしまうことが分りました。 その結果、産後クライシスがあったという層の多くが『出産後の夫の家事育児への非協力』を不満に思っているという事が推察されます。その時に助けてもらえなかった事を夫へのわだかまりとして今も残っていたり、産後、夫がとった無自覚な行動が今でも忘れられず、「その後の夫の行動を全く信頼できなくなった」りされる方もおおいです。

 

熊本の探偵、豆知識

男と女の不思議な関係

探偵の考える「浮気」とは何を指すのか? 奥様はお大事に…「夫原病」は怖い病気です
探偵が伝授する言い訳や・嘘を見抜くには? 熊本でも問題(ドメスティックバイオレンス)
不倫男性はなぜ浮気するの? 浮気が疑われる行動
「産後クライシス」と離婚問題との関係 結婚を考えるときにチェック

熊本の浮気問題解決裏話

探偵と浮気問題 内縁関係について
熊本の男性はなぜ浮気するの? 不貞行為と浮気
浮気調査のコスト削減 探偵が考える浮気がバレない人

離婚についてのアドバイス

裁判離婚に必要な事由 離婚原因(悪意の遺棄)
離婚事由不貞行為とは? 結婚生活を継続しがたい重大な事由
離婚後の所得税を低く抑える 浮気の事実はあったが復縁したい

探偵会社との契約についてのアドバイス

探偵契約書面について こんな探偵に依頼したくない
調査契約の場所にもご注意を 契約時に必要なもの
探偵会社の技術力を見極めてからの契約  調査契約は事務所で行う

最新 探偵の為になる情報 Facebook

本社 / 支店

熊本本社

熊本県熊本市中央区南熊本5-10-28-1F

096-363-7200

届出番号 第93070016

博多支店

博多区博多駅東1丁目12番5号 大島ビル8階

092-432-1666

届出番号 第90140051

久留米支店

久留米市中央町18番2-902号室

0942-38-8840

届出番号 第90090027

下記内容のご依頼はお受けできません

差別に繋がる、出生地・出生に関する事。

預貯金残高、ローン残高などの財産に関する事。

盗聴、盗撮など違法行為に関する事(盗聴発見、盗撮発見調査は可能です)

工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)等は行いません。

(一社)日本調査業協会 定款第一条 暴力団排除宣言

熊本の探偵社、西日本リサーチの加盟する「一般社団法人日本調査業協会」は、定款第一条(目的)の設立趣旨にのっとり自 覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めると共に調査業に対する社会的信頼を高める為、警察機関と連携して、暴力団及 び反社会的勢力を排除します

  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断いたします。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、調査の請負などその他一切の取引を行いません。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力による不当要求は、断固拒否します。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力に関係する者の入会は認めません。
  • 私達は、関係者に対し、詐欺、暴力的行為、または、脅迫的言辞をもちいる事を認めません。

熊本の探偵

熊本探偵をお探しなら【西日本リサーチ】へ。 当社では、浮気調査不倫調査)や盗聴器発見など対応しております。
浮気に関する調査は、一般の方だけでなく、弁護士の方々からも調査のご依頼を頂いております。また、人探しにも力を入れております。行方不明者や失踪者、家出人をお探しならお任せ下さい。当社は、お一人お一人のニーズをしっかりと捉え、皆様にご納得いただける結果を出せるよう、お時間をいただき対応いたします。一人で悩まず、まずはご相談ください。

人権侵害・部落差別・違法調査は一切いたしません。
熊本の探偵社 Copyright (C) 2010-2015 西日本リサーチ株式会社 All Rights Reserved.
2015/04/03 - 2016/07/26