熊本の探偵「西日本リサーチ」は創業54年

地域密着型の高い調査力と本気の低価格宣言でお客様のご依頼にお応えします!

家族のことで、または恋人の事で夜も眠れない事がありませんか?誰にも悩みを話す事が出来ないで苦しんでいませんか?私たちに少しだけその悩みを話して下さい。

西日本リサーチ昭和36年創業、熊本で生まれ育った探偵事務所です。 長年培った調査会社としてのノウハウを生かし、地域の皆様に貢献します。

こちらのブログでは、探偵の趣味としまして西日本リサーチスタッフのプライベイトをご紹介いたします。

» 登山(山登り)のブログ記事

友人からの情報で、

「天草」の「湯島」付近で良型のブリが数釣りが出来てるとの事

情報を貰った1週間後の本日、早速ホームグランドである「湯島」に船を走らせた。

しかし、5分ほど船を走らせた後、初めて気がついた、今日は強風、とてもまともな釣りが出来そうな雰囲気ではない。
マリーナはそこまで風は吹いていなかったのに
直ぐに船を反転させ港に引き返した。

それにしても、折角の早起きがもったいない・・・・
直ぐに、長靴から登山靴に履き替え「天草」の「次郎ヶ丸岳」に向かった
快晴で秋らしい気候に心躍らせ登山開始。
この山はブログにも過去に書いたことがあるのだが、低山の割には山頂からの景色が格別にいい。IMG_5192_R

然し、山頂に立つのは些か勇気が居ることだ
IMG_5184_R

突風の中バランスを崩さないように、ゆっくり断崖絶壁に芹たった一枚岩に立ち上がり記念撮影。
IMG_5202_R

みなさん標高397メートルの一時間前後で登頂できる低山ですが、是非一度上られてみては如何でしょう。

その際、滑落には充分注意してください

 

今年のテーマは、体力維持、健康管理
そこで、高森の「らくだ山」まで出掛けてみた。
熊本本社から豊肥本線に乗り、
高森駅まで、
そして、駅から徒歩でらくだ山の登り口まで歩くと、
らくだ山と書かれた看板を発見。

お店の駐車場は長い車の列。

駐車場の警備員に道を尋ね、
「らくだ山」登山口まで来ると、登山を開始する前に運動不足の私の足は既にパンパン。

IMG_2256_R
登山道を少し歩くと、胸まで伸びた草で登山道は殆ど見えない。
それでも前に進むと、左手の登山道から登って来る礼儀正しい大学生三人組と出会った
大学生は初対面の私に
新年明けましておめでとうございます
と、深々頭を下げた。
私も、慢心の笑みで挨拶を返し、
その大学生と合流し藪をかき分けながら前へとさらに進む。

突起した、溶岩の上を歩く
IMG_2267_R  IMG_2280_R
道幅は50cm前後
両サイドは断崖
そこを、大学生は互いに談笑しながら先へと進んでいく
平静を装いながら、やっとの思いで低いコブの上に立った。
ここで、私の登山は終了。少しだけ火照った体で下山開始。
素晴らしい景色が見れたので、ここで満足。
帰りは自分へのご褒美で、らくだ山でビールと地鶏を食べ。。
IMG_2288_Rこれで健康管理?大丈夫かな?
体重益々ふえてるかも?(^_^)

なぜか探偵なのに、
何故か「ロータス」の食事会に、お誘い頂いて他業種の中に混じってお腹一杯ご馳走になってきました。

帰宅後、膨れたお腹を眺めながら、
このままでは。。。
そこで、明日の余暇の過ごし方を決めた

翌朝

寒波で吹雪の中の登山を決行杵島岳

何度も、雪山登山は経験あるのですが、久々に「寒い」って心から思える一日でした。
目指す山は
阿蘇の五岳の一つ「烏帽子岳」

烏帽子岳
山頂でいつもの様にコーヒーでも飲む予定で
コーヒーセット持参
山頂で裸になって、新しい下着に着替たら
湯を沸かして暖かいコーヒーで
チョコを頬張る

毎回、山に登った時の僕のひとつの楽しみです。

しかし、今回は手袋を外して「写メ」を撮り終えた頃には指がジンジンと痺れ
速攻ギブアップ下山

麓まで降り速攻、温泉に
何とも言えない至福の一時

生きててよかった(´∀`)

休日の早朝、目が覚め、歯を磨き新聞に目を通す、特に気になるニュースも無く、休日の朝を迎えました。
外を見ると快晴


ボーっと外を眺めていると、山に登りたくて、登りたくて、そんな気持ちで一杯になり、
気が付いたら、ザックにダウンジャンパーと食糧、着替え二日分を詰め込み阿蘇(久住)に向けて出発していました
移動中の車内、ワクワクした気持ちで、「坊ケつる」「法華院温泉」の予約を取った。
長者原の駐車場に着いたのは、14時、急いで登山靴を履いて一眼レフのカメラ入りの重いザックを担ぐとGPSを首からぶら下げ、出発
「雨ケ池」を越え「三俣山」を迂回し「坊ガツルへ、
既に辺りは薄暗く、6時からの食事に間に合う様に温泉に入った

山食を済ませ、7時には就寝。
思った以上に寝つきは良く、熟睡し早朝3時に起床し朝風呂にゆっくり浸かり、山小屋で登山の準備を始めた
目的は大船。
2時間の歩行、山頂での達成感は、難しい調査をやり遂げ成功した時の達成感に似ている。
時間的に余裕があったので「山頂付近の池で」山小屋で作ってもらった弁当で食事をした。温かいコーヒーを飲んだ後「長者原」まで4時間掛けて下山。
帰宅して体重を測ったら、なんと2キロの減量に成功しました

毎年恒例になってしまったけど、元気者の寒さに強い探偵数名と初登山。

今年は希望者がいなかったので「山小屋での年越し」は中止です。
日帰りでの登山になりました雪山登山になりました。それにしても、山はいいですよね。
心が洗われる清々しい気持ちにさせてくれます。また、探偵である以上体力が必要なだけではなく、寒さにも強くなくてはいけませんよね。

冬の張り込みは辛いけど、調査が終了して完璧な証拠を取得したときの気持ちは、登山した後の清々しい気持ちに似ています。

ライオンズの先輩から誘われて久々の登山に行ってきました。
紅葉シーズンの為、駐車場は満車状態。
正面の駐車場に駐車し、東登山道方面へ迂回してからの登山。
数年前に小学生の息子と登山した以来の由布岳は、思った以上に大変で下山後足はフラフラ。。。

出来る事なら年は取りたくないです。

下山後立ち寄った温泉は、由布岳が温泉内より見上げる事が出来る温泉で。
何ともいえない癒しの一時を味わうことが出来た。

PS なんと体重が74.5㎏  半年前に計測した時は84キロあったのに。
十キロの減量に成功だ-