熊本の探偵「西日本リサーチ」は創業54年

地域密着型の高い調査力と本気の低価格宣言でお客様のご依頼にお応えします!

家族のことで、または恋人の事で夜も眠れない事がありませんか?誰にも悩みを話す事が出来ないで苦しんでいませんか?私たちに少しだけその悩みを話して下さい。

西日本リサーチ昭和36年創業、熊本で生まれ育った探偵事務所です。 長年培った調査会社としてのノウハウを生かし、地域の皆様に貢献します。

こちらのブログでは、探偵の趣味としまして西日本リサーチスタッフのプライベイトをご紹介いたします。

玄界ヒラマサ キャスティング

今回の釣行はS2さんにお世話になった。午前7時出船と言うことで、山本釣具菊南店に午前4時に集合。

私は例のごとく前日より車中泊で山本釣り具の駐車場でキャンプ気分。

午前6時に港に到着し、軽く朝食をとりタックルの準備を始めた。

アクイラ82のロッドにステラ14000にpe5号、リーダーは130ポンド

ウルティモの82にステラ20000にpe8号リーダーは170ポンド

小雨は降ってるものの、さほど気になるような振り方ではない。風速10メートル

まずは強気でGTタックル。

右舷側を風下に向けどてら流し、左岸側から思いっきりフルキャスト。リーダーの結び目がガイドにあたり、カチーンと音を立て20のチェリーパイが風にのって飛んで行く。

気持ちいいー

いつもはシングルフックをつけるのだが今回はトリプルフックで挑む。

一旦フッキングすると、パレにくいのはシングルフックなのだが、ヒット率は断然トリプルフックだと思う。

ただ、後方のフックはダブルフックをつけてみる。

準備万端

あとは、ひたすら誰よりも多く、一投でも多くキャストし、ペンシルを確実に水中に潜らせる。

渋い中、ポツポツヒラマサがチェイスしてくる。

そして、キャストを始め5時間経った午後1時、フルキャストしたルアーにワンアクションでヒット。

小型だが正真正銘のヒラマサ。3年目の正直

帰って刺身で頂くの楽しみだなー

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.